パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

カフェ コンスタン その3

パリ7区 カフェ コンスタンは、カフェでありながら本格的なフレンチ料理が安くて
抜群に美味しいので、今回のパリ旅行中に4回もランチに通いました。

ランチは予約を取らないので、12時めがけて入店するとなんとか席に着けますが
あっという間に満席になります。

本日のランチがあり、前菜+メイン 又はメイン+デザートで16ユーロという
パリでは破格値のランチなうえに、たいへん美味しいのですから
連日の満席も納得です。

4回食べたランチの中で、一番美味しかったのがこの日でした。
前菜は、ブレス産の鶏肉を使ったパテのパイ包み。

中のパテも味わい深く、パイ生地も上質なバターがたっぷり使われた
たいへん美味しいものでした。
添えられた生野菜のビネグレットソース合えも、パリっとしていて
おいしいかったです。


この日の日替わりランチのメインは、ザリガニのラビオリ。
これがとにかく最高に美味しく、感動しました!!

このパリ旅行中にル コントワール(Le Comptoir)で、
オマール海老のラビオリの前菜を27ユーロで食べましたが
カフェ コンスタンのザリガニのラビオリも引けをとらない美味しさでした。

カフェ コンスタンのザリガニのラビオリは、前菜と合わせて16ユーロでしたので
庶民の私には、この価格でこの味!というお得感がさらにうれしく
「今回のランチが大当たりだね」と母とうれしく食べました。

今回のル コントワールのメインの子羊の焼き具合が気に入らなかったので
余計に全体の印象としてそう感じたのかもしれません。

オマール海老よりザリガニで十分となると、まるで年末恒例の芸能人格付ェックでの
味のわからない人のようですが(笑)、オマール海老に引けをとらないほど
美味しいソースであったりと、カフェ コンスタンの料理の力量を垣間見た
今回のランチとなりました。


カフェ コンスタンで出るパンも本当に美味しいです。

パリでは、パンのレベルがものすごく高く、「美味しいパン=当たり前」
という感覚になりがちですが、こんなに美味しいパンは私の住む札幌では
そうめったにお目にかかれません。


カフェ コンスタンの平日の日替わりランチ16ユーロの虜となり、
カフェ コンスタンのあるドミニク通リ数軒隣の、レ ココット(Les Cocottes)にさえ
結局行かなかった私(次回は行くぞ)。

これからのパリ旅行でも、せっせと通うことになりそうです~♪


<カフェ コンスタン(Cafe Constant )>

139, rue Saint-Dominique 75007 Paris 地図

メトロ:8番 Ecole Militaire

営業時間:8:00-23:00 (食事12:00-14:30 19:00-23:00)

無休

カフェ コンスタンのサイトはこちらから

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る