パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

トステム (Toustem)~パリ5区のビストロ

パリ5区にあるビストロ・トステム(TOSTEM)は、
エレーヌ ダローズが手がけるビストロです。

エレーヌ ダローズと言えば、アラン デュカスの下で修行をした後
サンジェルマン・デ・プレ に 2つ星付きレストランHelene Darroze
(エレーヌ ダローズ)を持つ女性シェフ。

サンジェルマン・デ・プレのエレーヌダローズでは、
ランチでも1人100ユーロもするらしいのですが、
このビストロ トステム(TOSTEM)では、
彼女のお料理をビストロ価格で味わえるとあって評判です。

インテリアもスタイリッシュでありながら梁や木がふんだんに使われてカジュアル。
色使いが素敵で、カーペットと椅子の脚の途中までがオレンジでとてもおもしろい。
料理のお皿も白とオレンジで、色の効かせ方が素晴らしいです。


ランド地方が出身のエレーヌ ダローズ。
お料理はランド地方の伝統料理に忠実なものと、彼女が旅をしたイタリア、スペイン、
インドなど国々の料理からのインスピレーションを得たものもあるといいます。

そして彼女ならではの生産者とのコネクションで調達する、
選りすぐりの食材がまた魅力のよう。期待は高まります。


けれど店内へ入ると、客はまばら・・・。
ランチにしては遅い予約でしたので、最初はそのせいで空いているのだと思いました。


ランチは、前菜+メインで¥27ユーロです。

早速出てきたパンとリエット。
これが、とても美味しい!


私が前菜に選んだのは、ガスパチョ。
トマトとの冷たいスープです。

カプチーノ仕立てになっていて、上にはバジルがトッピングされています。
こちらも、とても美味しかったです。


母の前菜は、ホワイトアスパラです。


メインの仔羊です。

この画像でもおわかりいただけるかと思いますが、
仔羊の肉、ほとんど火が通っていません。

出てきた時は目が点でした。
けれど、評判のビストロで前菜まではとても美味しかったので
かなり疑問でしたが、とりあえず一口食べてみました。

やはり、ほぼ生肉。とても食べられたものではありません。

すぐにサーヴィスの人を呼んで、焼き直してもらいました。


けれど、焼き直してもらっても多少マシになった程度で
普通の仔羊の焼き加減にはほど遠いものでした。

私は、牛ステーキならミディアムレアで注文するので
生っぽい肉が苦手は方ではないと思います。

ですが、仔羊の肉がここまで焼いていないと生臭くて
普通の人は食べられないと思います。

その上、ソースもかかっているのにまるで味がしない・・・。
私も母も薄味がすきですが、この料理には卓上にあった塩を
信じられないほどかけました。


「どうなっているんだ?????」

不思議でなりませんでした。オーブンが故障しているのか?と・・・。


焼き直しても、とても生臭くて食べられる肉料理ではなく
私はとりあえず、つけ合わせのいズッキーニとパプリカに塩をかけて食べました。


前菜の美味しさからは、想像を絶するメイン料理の仔羊のロースト。
私はその後、店内の他のお客で同じく仔羊のローストを食べている人がいないか
観察しました。

すると、私達の他に唯一もうひと組いるお客の一人がどうも同じく仔羊のローストを
食べていることに気が付きました。
そのフランス人の男性も、やはり焼き直しをお願いしていました。
それでもなお、美味しく食べるには程遠い仔羊のローストに
遂にサーヴィスの人を呼んで、シェフに何か聞いてもらっているようでした。

それでもどうもサービスの人がシェフはこれで問題ないと言っていると
言うような事をそのお客へ告げているようでした。

その男性客も、さらにもう少しサービスの人へ何か言ったようですが
諦めて私同様、そっくりお肉は残して帰りました。


入店時にも、お客が2組しか居なくその後も全く混まなかったこの話題のビストロ。
こんな料理をいつも出しているのだとしたら、当然客は二度と来ないでしょう。

これがあのエレーヌ ダローズ(Helene Darroze)のビストロなのか?
信じられない最悪のビストロでした。


この日のランチが、私が2008年の春に40日間パリに滞在した最終日のランチだったので
なんだかとても悲しいものとなりました。

エレーヌ ダローズ(Helene Darroze)のビストロ・トステム(TOSTEM)は、
雑誌・婦人画報に出ていたので知ったお店でした。
この時同時に出ていたビストロ、オーギュストセンシングカメレオン
よいビストロだったのに、トステムのメイン料理は今でも信じられないものでした。

場所はノートルダム寺院から徒歩10分程度と、ローケーションは良いのに
こんな料理を出すなら、もう二度と行かないビストロです。


<トステム Toustem>

住所:12, Rue de l'Hotel Colbert 75005 Paris

Tel : 01 40 51 99 87

ランチ 12:00~14:30、 ディナー 19:00~23:00 PM

定休日:日曜休業、土曜、月曜のランチ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る