パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

シェ ポーリーヌ(Chez Pauline)~パリ1区のビストロ

シェ ポーリーヌ(Chez Pauline)は、パリ1区パレロワイヤルやヴァンドーム広場
オペラ座などにも近い場所にある伝統的なフレンチビストロです。

パリ情報サイト・カイエドパリで「クラシックで滋味あふれる本場のフレンチを
試してみたくなったらぜひ足を運んでほしい」と絶賛していたので行ってみました。

店先へ行って少し驚きました。
ランチタイムに、オープンテラスの席も店内にもひとりのお客も居ないのです。
かなり心配だったものの、この辺りでそうそう他のビストロも知らないので
時間の関係もあり入ってみました。


店内は、20世紀初めの雰囲気を今も残す、パリでも数少ないビストロだそう。
とても重厚な雰囲気です。


店内でもひときわ目を引く、古い時計。
動いてはいませんでしたが、雄鳥の上にデコラティブな丸い時計が乗っています。


ランチは、前菜+メインで27ユーロ、これにデザートが付いて33ユーロです。
こちらは付きだしというか、つまみというか食前酒の時に出る塩味のシュー生地です。


けれど、私達はカイエドパリのお勧めでシェ・ポーリーヌの名物アラカルトメニュー
のメイン料理、ブフ・ブルギニョンを頼みました。

ブフ・ブルギニョンは、ブルゴーニュ地方の料理で特産の赤ワインを使って
牛肉をとろとろに煮込んだ一品です。
つけ合わせには、ニョッキが付いています。

とてもクラシカルなフランスの伝統料理ですが、カイエドパリがここまで絶賛するほどの
お店なのか少し疑問でした。
これだけの店構えで、ランチにお客がひとりも居ないのもまた
少し居心地が悪いというか・・。


パンは上品?にバゲットが薄く一切れ。
もちろん食べてしまえば追加されますが、さほど美味しいパンでもありませんでした。

あまりにも活気がなく、特別きらっと光るものも感じなかったので
リピートはしないであろうビストロです。


<シェ ポーリーヌ(Chez Pauline)>

住所: 5 rue Villedo 75001

電話: 01 42 96 20 70

メトロ: Pyramides 7,14番線 徒歩2分

営業時間: 12:15~14:30、19:30~22:30

休み: 土曜の昼、日曜

    7・8月の土曜の夜/8月中旬1週間

お値段: 昼:2品27ユーロ、3品33ユーロ/ 夜:3品40ユーロ


ビストロ、シェ ポーリーヌ(Chez Pauline)の界隈。
重厚な建物が目を引きます。


ビストロ、シェ ポーリーヌ(Chez Pauline)から徒歩では20分ちょっとかかりますが
オペラ大通り(avenue de opera)へ出るとその先には、
パリの有名観光のオペラ座があります。


オペラ座の中へ足を踏み入れると、美しい階段がありシャガールの天井壁がのある
大ホールへと繋がっています。

大ホールは、オペラやバレーのリハーサルがない日であれば有料で見学できます。


有料で見学しないまでも、吹き抜けたオペラ座内や美しい階段、
売店なども見ることができお勧めです。

オペラ座の売店には、なんとこのオペラ座の屋上で作られている
ハチミツを購入することができます。

オペラ座の蜂蜜は、マドレーヌ広場のフォションでも購入可能ですが
他のフランス産のハチミツよりも、お値段は高めとなります。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る