パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

センシング(sensing)~レストラン パリ6区

センシング(sensing)は、パリ右岸・パレロワイヤルの回廊北翼に位置する
三つ星レストラン「グラン・ヴェフール(Grand Vefour)」のシェフ・ギーマルタン氏が
パリ左岸のリュクサンブール公園界隈に出したセカンドのレストラン。


1782年からの由緒ある歴史的建造物のグラン・ヴェフール(Grand Vefour)に対し、
このセンシング(sensing)は、その対極にあるようなモダニズムを極めた内装に
したいとシェフ・ギーマルタン氏が構想1年をかけた珠玉の空間とのこと。


この画像上の長さ6mのカウンターは、雪花石膏で作られています。
このクリスタルの透明感漂うバールームには、写真では反射して鏡の写っていますが
紫色のガラスケースになっています。

ガラスケースの中には、今まで門外不出だったバカラ美術館のカラフ(水差し)が
たくさん飾られていて、その美しいことといったらありません。


こちらのシェフを任されているのは、マルタン氏のエスプリを深く理解する
レミ・ヴァン=ペテゲン氏。
モダンな空間の呼応し合う、味も見た目も研ぎすまされたお料理を目指すとのこと。


ランチは、入口をはいってすぐのこの空間でいただきました。
このお店の色のコンセプトは、白&紫。

椅子は紫のビロードのもの、テーブルはイチジクの木製のいずれも特注品。
白い壁には、アーティスティックな映像が絶え間なく映し出されていました。

一見カジュアルなこの空間ですが、レストランのとても丁寧なサービスと
週末のランチなのに、お客が私達の他に6人の家族が立った1組しかいないことで
少し緊張感が走りました。


メニューを見ると、55ユーロの昼のコースとアラカルトしか見あたらず
私が雑誌婦人画報で見た、25ユーロのランチコース(前菜+メイン)が見あたりません。

恐る恐る聞いてみると、メニューの下の方に小さく出ていました。
そちらを頼むと前菜、メインともそれぞれ2種類の選択があり別紙メニューを
見せてくれました。

お店の方では、55ユーロのランチコース(前菜・メイン・デザート・
グラスワイン2杯・ミネラルウォーター・コーヒー)を主にしているようでした。


私が選んだ前菜は、ガスパチョ。
トマトとにんにくの冷たいスープです。

スパイシーで軽いながらも、味わい深くとても美味しく美しいひと皿でした。


母の前菜は、タコのサラダ仕立てです。

海藻やパプリカをアクセントに、上質なオリーブオイルでいただく一品。


パンとバターも、とても美味しいものでした。

ビストロではパンのバターが出ないので、この機会に太るもの恐れず完食です。


肉料理を好む私達親子ですが、この日は少し胃が疲れていてお魚料理をチョイス。

何のお魚だったか、メニューを理解できませんでしたが
魚の火の通り方も素晴らしく、とても繊細で上品なお味のソースと共に
たいへん美味しい白身魚のメイン料理でした。


胃の調子が悪く、コーヒーを頼まなかったのに出てきたお茶うけデザート(恐縮です)。
マシュマロと、ヌガーでした。


レストルームを借りに2階へと向かい、ギーマルタン氏所蔵の19世紀の野菜の写真が
飾られてある1階のその先には、この画像上のひろ~い客席が広がっていました。
落ち着いた空間で良い感じ・・しかし客は誰もおらず・・・。

2階へ上がると、そちらも同様に広い客席があり驚きました。
こんなにたくさんの客席を用意しているレストランなんだぁ・・・。


味も悪くなく、雰囲気も良く場所も高級住宅街も近い・・・。
なのに週末のランチ13時にたった2組の客とは一体???
やはり、お値段が高いからなのでしょうか??

メニューでは、ほとんど見落としてしまう私達の食べた25ユーロのランチ。
店では、55ユーロのランチコースをメインに押し出しています。

けれど、25ユーロと言えども日本円に直すとこの時のレートで4000円以上。
さらにワインやお水と頼むと一人5000円はかかります。


このお値段なら、もっとカジュアルな雰囲気で前菜・メインともっと選択の幅がある
実力あるビストロが多いせいかもしれないですね。
私も、リピートするかと言えば微妙です(笑)。 (2008年5月)


センシング(sensing)の場所は、カメレオン(CAMRLEON)から徒歩5分の距離。
モンパルナス大通りからも、リュクサンブール公園の方からも歩ける場所です。


矢印ピンクが、センシング(sensing)。
矢印赤が、カメレオン(CAMRLEON)。


<センシング(sensing)>

住所: 19 rue Brea 75006

電話: 01 43 27 08 80

メトロ: Vavin 4番線


営業時間: 火~土 12:00~14:30、月~土 19:30~23:30


定休日 日曜 、月曜の昼


お値段: 25ユーロ昼のコース(前菜+メイン)~メニューでわかりずらく聞く方がよい

     55ユーロ昼のコース(前菜+メイン+デザート+グラスワイン2杯、
               ハーフボトルのミネラルウォーター、コーヒー)

     夜のデギュスタシオン・コース 95ユーロ(4品+チーズ+デザート2品)

センシング(sensing)のサイトはこちら ※音がでます

モンパルナス大通り。サンジェルマン・デ・プレ界隈とは明らかに違った雰囲気です。
このモンパルナス大通りを曲がった小道にセンシング(sensing)と
カメレオンはあります。


モディリアーニやピカソなど印象はの画家御用達だった
モンパルナス大通りのカフェ ロンド。

モンパルナス界隈を代表する歴史的カフェの一つです。
当時売れない画家は、飲食代の代わりに自分の絵画を置いていったようです。


サンジェルマン・デ・プレ界隈のリュクサンブール公園(画像上)の横を通って
歩いてセンシング(sensing)やカメレオンへ行くこともできます。
食事前のいい運動になりますし、お天気がよければ最高のお散歩コースです。



センシング(sensing)やカメレオンから徒歩5分程度の場所に、
ザッキン美術館がありお勧めです。

彫刻家であるザッキンが住んでいた家で、この辺では珍しい一軒家です。
庭にはザッキンの彫刻が所狭しと並び、小さなこの館にも力強く
それでいて繊細なザッキンの鉄製や木製の彫刻が、並びます。

この美術館は、入場無料です。
美の巨人でも紹介されていました。食後のお散歩に最適な美術館です。

パリの老舗デパート、ボンマルシェ。
広すぎないこのデパート自体が、さながらセレクトショップのようです。

私はいつもジャケット着用にしていますが、靴は革のスニーカーにして
パリの中をひたすら歩くようにしています。

センシング(sensing)やカメレオン(LE CAMELEON)からボンマルシェまでも、
徒歩でゆっくり歩きます。

(メトロでも乗り換え(4番Vavinから12番SevresBabylone)一つで、4駅ほど)
高級住宅街も多く、歩きながらエレガントな人々をウォッチングしたり
ガイドブックに載っていない、素敵なお店を見つけたりとても楽しいです。


センシング(sensing)の向かえにあるブティック。
食事中も頻繁にマダム達が入店する姿が窓越しに見えていて
気になり、食後に行ってみました。

場所柄、ちょっと高めのご婦人系お洋服とイミテーションのアクセリーが
置いてありまたが、アクセサリーが結構個性的でよかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る