パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

レピ デュパン(L'EPI DUPIN)~ビストロ パリ6区

レピ デュパン(L'EPI DUPIN)は、パリの老舗高級デパート・ボンマルシェから
ほど近い(徒歩1分)サンジェルマン・デ・プレのお買い物にも絶好のロケーション
にある、パリの人気のビストロ。

サンジェルマン・デ・プレをこよなく愛し、
そこに滞在する私にとっては、外せないビストロです。


上画像は、レピ・デュパンのセルヴィースの”ロイック”。
彼の流暢な日本語によって、難解なフランス語メニュー解読の心配がないというのが、
このお店の魅力に拍車をかけます。(彼はお店だけで独学で日本語を覚えたらしい!)


早速「食前酒はいかがですか?」と言うロイックに、
「食前酒は、いりません」と即答しました(笑)。

ランチのコースは、前菜+メイン 又は、メイン+デザートで25ユーロ。
これには、付きだしとグラスワインが含まれた料金です。


今や完全に東京より物価が高いパリにおいて、
この値段で、この味とこのロケーションのランチはとても貴重です!!

連日満席で、ランチも何回転するかわからないほどです。


付きだしの「カリフラワーとブロッコリーのスープ」。美味しい!!

画像でわかりずらいかもしれませんが、
下にブロッコリーのピューレがあり2層になっています。


私の選んだ前菜は、山羊のチーズをチコリで包みハチミツのソースをかけたもの。

ハチミツのソースがカラメリゼされていて美味しい。
山羊のチーズも全くクセがなく食べやすいものでした。

そして、ボリューム満点。
日本ならここでご馳走様でしたと、帰るところでしょう(笑)。


母が選んだ前菜は、牛の薄切り肉と野菜のミルフューユ仕立てです。
こちらもメインの貫禄の前菜です。


私のメインは、ホロホロ鳥にほうれん草とにんじんのピューレ。

これには感動しました!!
私の数少ないホロホロ鳥歴において、もちろん一位!!

ホロホロ鳥って、こんなにおいしいものなのかぁ?!

肉はとてもなめらかで軟らかく、ひじょうにジューシー。
ロイックには、「セ・マニフィック!」と伝えておきました。


母のメインは、牛テールにカボチャのピューレ添えです。


ランチに付いているグラスワインは、この日はしっかりと重いもの。
とても私好みでした。


パンは、l’epi (小麦)の形をした香ばしい焼きたてパン。
いつも変わらぬ美味しさです。


滞在中、この他にもう一度足を運びました。
2~3週間でメニューが一新されるほか、毎日新しい黒板メニューもあるので
何度行っても全く飽きない。

雰囲気もこれぞビストロといった感じで、張り出した梁がアットホームな雰囲気。
私にとっては名店です!


ランチならば、席があれば予約無しでも食べられます。
(時間に制限があれば、混むので予約した方がよいです)(2008年4月)


<レピ デュパン(L'EPI DUPIN)>

住所:11,rue Dupin 75006 PARIS

電話:01 42 22 64 56

FAX: 01 42 22 30 42

定休日:土曜、日曜、月曜の昼

営業時間:ランチ 12:00~14:30 / ディナー 19:00~22:30(二部制 19:00~/21:30~)

お値段:昼も夜もコースのみ

    昼:前菜+メイン、またはメイン+デザートで25ユーロ
      (祝日除く / ワイン1杯付き)

    夜:前菜+メイン+デザートで34 ユーロ
      (グラスワイン 5ユーロ~/ボトルワイン 20ユーロ~)


パリ左岸の高級老舗デパート、ボンマルシェ
広すぎないこのデパート自体が、さながらセレクトショップのようです。

その審美眼たるや、他に随をお許さないセレクトでお客を魅了します。

ボンマルシェの隣には食品専門館があり、そちらもたいへんおもしろいです。


ボンマルシェの裏側、リュードバック通り(rue du Bac)には
アイスクリーム屋さんがあり、お勧めです。


またボンマルシェから徒歩5分で、日本でも有名なチョコレート専門店
”メゾンドショコラ”もあり、日本では扱いがないチョコレート系のケーキが
売っています。

カフェスペースはありませんが、ボンマルシェの横に公園があるので
そちらで座って世界一美味しいメゾンドショコラのエクレアを
味わってみるのもお勧めです。

7.5ユーロもする高級エクレアですが、パリのどのスイーツ屋のエクレアよりも
美味しいと思います。
エクレア生地、クリーム(カスタードクリーム+ショコラ)、
上に塗ったチョコレートの照り、どれをとっても極上の味です。

サンジェルマン・デ・プレは、スイーツの宝庫。
レピ デュパン(L'EPI DUPIN)では、前菜とメインを食べて、
スイーツは他で食べるのが私のいつものパターンです。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る