パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

プチヴェルト(Le putit Verdot)~ビストロ パリ6区

プチヴェルト(Le putit Verdot)は、パリ サンジェルマン・デ・プレ界隈にある
シェルシュミディ通り(rue du cherche)にあるビストロ。

このビストロ プチヴェルト(Le putit Verdot)のオーナーソムリエの石塚氏は、
もともとフランスでミュシュラン一つ星を最初に取ったレストラン平松の
名物ソムリエだったそうです。

知人・友人からこのビストロの存在を口コミで知り、今回念願なってランチへ行きました。


店内1階にあるとても重厚で素敵なカウンター。
店内は梁が見え素敵な螺旋階段があり、木のぬくもりが重厚に感じるとても感じの良い空間です。


ランチメニューもありましたが、友人からフォアグラのソテーが美味しいよ!と
聞いていたので、アラカルトの前菜「フォアグラのソテー」をランチとして食べました。

濃厚で食べ応えのあるフォアグラでした。
つけ合わせの、ポテトと人参のピューレもおいしかったです。


赤のグラスワインをお願いすると、こちらが出てきました。
とてもおいしいワインでした。
アルコールに弱いためグラスワインしかいつも頼みませんが、
このビストロのグラスワインが一番美味しかったです。


友人が夜このビストロで食事をした時は、ワインの好みを言うとワインが3本出てきて
好きなだけ飲んで、飲んだだけ精算となったそうです。おもいしろい!

ヒデさん(石塚氏の愛称)のセレクトは、高くないのにとても美味しいと評判です。


いつも地元のフランス人で満席の店内ですが、この日は祝日続きでお店を休んでいたのを
突然再開した日とあって、貸し切り状態の超珍しい日でした。


そんなラッキーな日に足を運んだ私達親子。
ヒデさん(石塚氏の愛称)から、フランスで暮らす様々なお話しを聞けました。

と言いますのも、ヒデさんは北海道出身のお方。
実は私も北海道在住とあって、異国の地パリで同郷同士なにかとても親近感が沸いたのです。
(勝手に私が抱いた親近感ですが・・)

パリで日本語で、様々なパリの話が聞けるとは、私達親子にとってとても貴重な体験でした。
そのうえ、とても気さくにお写真までご一緒していただけるなんて・・。

残念ながら逆光でしたので、次回もう一度お願いしたいな。


レストルームをお借りすると、2階席がありました。
こちらもとても感じが良くて良い感じ。


もちろん日本語でメニューの説明もしてもらえてうれしいかぎり!
パリでこういうビストロがあると思うと、とても心強いです。


<プチヴェルト(Le putit Verdot)>

住所:75 rue du cherche midi 75006 PARIS

電話: 01 42 22 38 27

定休日:日曜、月曜日

営業時間:ランチ12:30~14:00/ ディナー19:30~21:30

日本へ帰国して雑誌veryを見て、びっくり!ヒデさんが出ているではありませんか。

しかも、作家 辻仁成氏(中山美穂のダーリン)と一緒に。
辻家もこのプチヴェルト(Le putit Verdot)へ家族でくるようです。


ヒデさんの紹介を後で読んで納得でした。
ソムリエのエプロンしかしていないのに、まるでねじり鉢巻きをして
働いてらっしゃるようなお姿・・・あれは空手、武道家としての精神が
にじみ出てらっしゃるものだったのですね。


このこのビストロ プチヴェルト(Le putit Verdot)のあるシェルシュミディ通り
(rue du cherche)は、とても魅力的な通りです。

画像上は、紅茶専門店「ル・パレ・デ・テ」。マレ地区にもあるこの紅茶屋さん、こちらでも買えます。


同じくこのシェルシュミディ通り(rue du cherche)に数件ある、ユーズドショップです。
高級住宅街にあるとは思えない安さで、センス良い新品・中古品のファッション雑貨、
インテリア雑貨、婦人服、子供服、メンズ服と5軒が点在します。

中でも一番お勧めは、サンジェルマンを背にモンパルナスへ向かうこの道の一番端にある
ファッション雑貨屋。パリ滞在中何度も足を運び、靴からアクセサリーなど破格値で購入しました。

とても楽しい通りです。

プチヴェルト(Le putit Verdot)から、パリ左岸の高級老舗デパートボンマルシェは、徒歩で10分の距離。

広すぎないこのデパート自体が、さながらセレクトショップのようです。

その審美眼たるや、他に随をお許さないセレクトでお客を魅了します。
ボンマルシェの隣には食品専門館があり、そちらもたいへんおもしろいです。


ボンマルシェの裏側、リュードバック通り(rue du Bac)には
アイスクリーム屋さんがあり、お勧めです。


またボンマルシェから徒歩5分で、日本でも有名なチョコレート専門店
”メゾンドショコラ”もあり、日本では扱いがないチョコレート系のケーキが
売っています。

カフェスペースはありませんが、ボンマルシェの横に公園があるので
そちらで座って世界一美味しいメゾンドショコラのエクレアを
味わってみるのもお勧めです。

7.5ユーロもする高級エクレアですが、パリのどのスイーツ屋のエクレアよりも
美味しいと思います。
エクレア生地、クリーム(カスタードクリーム+ショコラ)、
上に塗ったチョコレートの照り、どれをとっても極上の味です。

サンジェルマン・デ・プレは、スイーツの宝庫。
ビストロでは、前菜とメインを食べて、
スイーツは他で食べるのが私のいつものパターンです。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る