パリのビストロでランチを食べ歩いた写真日記です。パリは空前のビストロブーム。
三つ星シェフがプロデュースするビストロ、パリの日本食やイタリアン・中華、カフェやサロンドテのランチ、
ビストロ周辺のお勧め観光スポットやお店も紹介しています。

シェ ラミ ジャン(Chez L'Ami Jean) ビストロ~パリ7区

パリのビストロの中でも、かなり評判の良いこのビストロ シェ・ラミ・ジャン。

バスク地方の料理がスペシャリテであるといこのビストロ、
バスク地方のシンボルカラーである緑と赤のファサードが目印です。


12時のランチを電話予約し、店内に入るとまだほとんど人がいませんでした。
しかし、この後あっという間に割と多い席数は満席に。

ランチのコース3品で35ユーロを頼みました。
前菜、メイン、デザートとそれぞれ6種類以上から選びます。


毎度のことながら、フランス語メニューをなんとか読める単語がないか必死に格闘。

それでも当然わからないので、サービスの人にあれこれ質問してみます。
まだ店内が空いていたので、私の質問に時間を割いてもらえてラッキーでした。

これがもし1時入店だったとしたら、サービスの人は満席で超忙しく
じっくり質問に答えている時間はなかったでしょう。


それでも結局わからないことも多いのですが(苦笑)、なんとか注文しました。

デザートは食後に注文するので、失礼にならない程度に他のお客さんのデザートを
チェックしておくもの良いと思います。(そうしました)


店内は木がふんだんに使われ、ビストロならではのとても良い雰囲気。
ただ、隣の席とは以上に近いです(画像上)。

この写真の二人の男性は、もちろん別々です(笑)。


早速、パンがたっぷり出てきました。
パンにつけるものも一緒に出てきましたが、お腹がふくれすぎてもいけないと思い
食べてみませんでした。(今思えば何故??・・・)


私が選んだ前菜は、オマール海老。

お料理が出てきてその洗練された美しさに、驚きと感激!!
バスク地方料理が得意といっても、素朴なものと思っていたら大間違いでした。

オマール海老はブロッコリーのスープと一緒に出てきました。
バゲットを薄く焼いたものと、カリカリベーコンが食感のアクセントに付いてきて
見た目も、味も素晴らしかったです!


妹が選んだ前菜は、しゃがいものスープ。
温かいものか、冷たいスープが選べます。彼女は冷たいスープと注文。

なんと細い瓶に入ったスープが出され、その場でお皿に注がれます。


母が選んだ前菜は、ホタテ。
こちらもカリカリベーコンが付き、カプチーノ仕立てになっていました。

ですが、母はこの前菜をあまり気に入らなかったよう・・・。


前菜と一緒にだされた、マッシュポテト。
3人で普通は食べきれないほど、たっぷりでました。

クリーミーで味もよかったのですが、何せ量が多くかなり残りました。


全員頼んだメインは、仔羊のロースト。
つけ合わせは、キュウリのカプチーノ仕立てです。

この仔羊も、絶品でした!!
先日食べたル コントワール(le contoir)の仔羊と甲乙つけがたい美味しさです。

素材の良さと、それをいかす完璧な焼き加減が織りなすこの美味しさ。
とてもレベルの高いビストロだと思いました。


デザートの前に出てきた、焼きたてのマドレーヌ。熱々です♪
素朴な味わいでおいしかったです。


デザートは、他のお客さんが食べていて気になった苺のパフェ(パルフェ)。
果実感ある苺のソースと、ヴァニラアイス、そして上には生クリームと
食感のアクセントになるに、クッキーが乗っています。

銀座の資生堂パーラーの苺のパフェとはいかなくとも、
素朴味わいで、さっぱりしておいしかったです。


ビストロ シェ・ラミ・ジャンは、パリ7区の高級住宅街の付近にあり
ナポレオンが眠るアンヴァリッドからほど近い場所にあります。

ラミ・ジャンの並びには、日本では銀座松屋に出店している有名なショコラティエ
ミッシェルショーダンがあります(画像上)。

また、バターやチーズの名店・マリアーヌカントンもすぐ近く。
マリーヌカントンは、新宿伊勢丹の特選食品館でも売られるほど、
パリでは、高級レストランや大統領官邸でも出しているそうです。


ラミ・ジャンの裏通りには、プージョンのパン屋から変わった
セッコ(SECCO)のパン屋があり、昼時とあって混んでいました(画像上)。

ピンクの外壁に、ダルメシアンの模様がなんとも可愛らしいです。


雑誌やネットなどとても評判のよい、ビストロ シェ・ラミ・ジャン。
またリピートしたいビストロでした。(2008年5月)

<Chez L'Ami Jean シェ・ラミ・ジャン >

住所: 27 rue Malar 75007

電話: 01 47 05 86 89

地下鉄: La Tour Maubourg 8番線


営業時間: 火~土 12:00~14:00、
      月~土 19:00~24:00


定休日: 日曜、月曜昼

お値段: 3品コース 32ユーロ 、アラカルトもあります。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
応援クリックお願いします

▲Top of page

パリのビストロ&レストラン~フランス料理へ戻る